ワイヤレスイヤホン,アイキャッチ,
生活情報

自分に合うワイヤレスイヤホンの選び方とは?ワイヤレスイヤホンのメリットや種類を紹介!

広告
スポンサーリンク

最近、街でよくワイヤレスイヤホンを使っている人をよく見かけます。

 

ワイヤレスイヤホンを1つ持っておくと、通勤・通学はもちろん、スポーツをする時にも使えてとても便利です。

 

ですが、ワイヤレスイヤホンを購入する時、どのワイヤレスイヤホンを購入すればいいか迷ってしまいますよね?

 

この記事では、
・ワイヤレスイヤホンとは?
・自分に合うワイヤレスイヤホンの選び方
・ワイヤレスイヤホンの種類とメリット・デメリット

をご紹介します。

 

ワイヤレスイヤホンの購入を検討している人は、是非最後まで読んで参考にしてくださいね。

 

ワイヤレスイヤホンとは?

ワイヤレスイヤホン,とは,

 

ワイヤレスイヤホンとは、『Bluetooth』というケーブルなどを使わずに無線通信を使うイヤホンになります。

 

ケーブルを使わないのでケーブルが絡まったりするストレスがありません。

 

また、ケーブルが邪魔で動きにくくなることがないのが嬉しいポイント。

 

そのため、ケーブルの煩わしさがないので、手軽に音楽などを楽しむことができます。

 

ちなみに3COINS(スリコ)で販売されているワイヤレスイヤホンを使ってみた感想の記事はこちらから↓

3COINS(スリコ)のワイヤレスイヤホンを使ってみた!税込1.650円の最強コスパイヤホン!

 

自分に合うワイヤレスイヤホンの選び方

 

ワイヤレスイヤホン,自分に合う,

ワイヤレスイヤホンが欲しいけど、どうやって選べばいいのかわからないという人も多いと思います。

 

そんな時は、自分が何を優先したいのかを考えるといいでしょう。

 

そうすれば自分に合うワイヤレスイヤホンを選ぶことができます。

 

では、自分に合うワイヤレスイヤホンを見つけるための選び方を紹介していきます。

 

ワイヤレスイヤホンの選び方① 「予算で選ぶ」

ワイヤレスイヤホン,予算,

 

ワイヤレスイヤホンを購入する前にあらかじめ予算を決めておくといいでしょう。

 

なぜかというとワイヤレスイヤホンの価格帯は1.000円~100.000円以上と価格がバラバラです。

 

なので、最初に予算を決めておくとその予算から選ぶ必要があるので、自分に合うワイヤレスイヤホンを選びやすくなります。

ワイヤレスイヤホンの選び方② 「音質で選ぶ」

ワイヤレスイヤホン,音質,

 

音楽を中心にワイヤレスイヤホンを使いたいという人は、音質にこだわって選ぶといいでしょう。

 

高音質を求めるなら、「ハイレゾ対応」しているものを選ぶのがおすすめ。

 

ハイレゾとは、「High Resolution(ハイレゾリューション)」の略で、高い解像度という意味があります。

 

再生する音が原音に近く、高音質で音質を楽しむことができます。

 

また、重低音を楽しみたいという人は、重低音に特化したイヤホンもあります。

 

なので、自分がどのような音質で音を楽しみたいかを、ワイヤレスイヤホンを選ぶポイントにするといいでしょう。

ワイヤレスイヤホンの選び方③ 「通話ができるか」

ワイヤレスイヤホン,通話,

 

ワイヤレスイヤホンにはマイク付きのイヤホンがあり、ハンズフリー通話を楽しむことができます。

 

通話中でも両手が空くので、仕事や作業をスムーズに行うことができます。


ワイヤレスイヤホンの選び方④ 「防水仕様」

ワイヤレスイヤホン防水,

 

スポーツ中にワイヤレスイヤホンを使うなら防水機能が最適です。

 

防水仕様が備わっているワイヤレスイヤホンなら、汗や水の侵入を防いでくれます。

 

防水仕様には「防水規格」というものがあり、ランクごとにどのくらい水に強いのかがわかります。

 

「IPX5」などと記載されているのが防水規格になります。

 

この「IPX」が防水性を示すコードで、数字の部分は防水のレベルです。

 

数字が大きければ高い防水性があるということになります。

 

汗をよくかくのであれば、「IPX4~5」がおすすめです。

 

また、トライアスロンやマラソン、雨の時でも使う場合は完全防水クラスの「IPX7や8」を選ぶといいでしょう。


ワイヤレスイヤホンの選び方⑤ 「ノイズキャンセリング機能」

ワイヤレスイヤホン,ノイズキャンセリング機能,

 

音に集中して音楽を楽しみたいという人には、「ノイズキャンセリング機能」が備わっているワイヤレスイヤホンがおすすめ。

 

ノイズキャンセリング機能とは、騒音を打ち消してくれる機能で、外部の音に邪魔されることなく音楽を楽しむことができる機能です。

 

他にも音楽を聴いていない時でも、耳に入る外の雑音を遮断してくれます。

 

とにかく外の雑音を消して、音楽を楽しみたい人は、ノイズキャンセリング機能がついているワイヤレスイヤホンかを確認しましょう。


ワイヤレスイヤホンの選び方⑥ 「デザインやカラー、種類」

ワイヤレスイヤホン,デザイン,

 

ワイヤレスイヤホンの機能などに特にこだわりがなくて、どのワイヤレスイヤホンを購入するかを迷っている人は、デザインやカラーで選ぶのもいいでしょう。

 

見た目のデザインがかっこいいものやカラーがかわいいものもたくさんあります。

 

またワイヤレスイヤホンのケースの形やコンパクトさで決めてもいいかもしれませんね。

 

ワイヤレスイヤホンをおしゃれにしたいという人は、デザインやカラーで選ぶのをおすすめします。

 

他にもワイヤレスイヤホンには種類があるので、種類で決めるのも選び方の一つです。

 

ワイヤレスイヤホンの種類についてはこの後の項目で紹介するので、ぜひご覧ください。


以上がワイヤレスイヤホンの選び方になります。

 

自分が予算や機能、デザイン、どれを優先するかでワイヤレスイヤホンの選び方が変わります。

 

なので、自分がどれを優先したいのかをしっかりと決めておきましょう。

 

そうすることで、ワイヤレスイヤホンを購入する時に悩まずにスムーズに買うことができますよ。

 

では、次にワイアレスイヤホンの種類とメリットなどについて紹介していきます。

 

ワイヤレスイヤホンの種類とメリット・デメリット

 

ワイヤレスイヤホンには種類があるのをご存知でしょうか?

 

それぞれのワイヤレスイヤホンによって、メリットやデメリットがあるので紹介していきます。

 

完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホン,

 

完全ワイヤレスイヤホンは、左右が独立していてケーブルを使わないワイヤレスイヤホンです。

 

最近では、接続性も大きく安定していて、実用性の高いワイヤレスイヤホンになります。

 

完全ワイヤレスイヤホンのメリットとデメリット

 

メリット

・ケーブルがなくて完全ワイヤレスなので、ストレスなく快適に使うことができる
・断線のリスクがない
・イヤホンを片側一つでも使うことができる

 

デメリット
・耳に合っていなかったり、きちんと装着していないと落としてしまう可能性がある
・接続が安定しないこともある

左右一体タイプのワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホン,コード一体,

 

左右一体タイプのワイヤレスイヤホンは、右と左のイヤホンがケーブルで繋がっているイヤホンです。

 

首のラインにかかるようにして使うため、「ネックバンド型」とも言われています。

 

メリット
・安価で購入することができる
・接続が安定している
・落下の心配が少ない

 

デメリット
・ケーブルの断線リスクがある
・ケーブルがかさばる


片耳タイプのワイヤレスイヤホン

 

ワイヤレスイヤホン,片耳,

片耳タイプのワイヤレスイヤホンは、左右どちらかの耳に装着するイヤホンです。

 

ハンズフリーで電話をするために使用されることが多い。

 

メリット
・片耳しか使わないので、周囲の音や会話をしながら使うことができる
・通話に最適

 

デメリット
・音楽を聴くには不向き



以上がワイヤレスイヤホンの種類とメリット・デメリットになります。

 

それぞれメリットがありデメリットがあります。

 

ワイヤレスイヤホンを選ぶ時に参考にしてみてくださいね。

 

広告
スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンのまとめ

 

今回は自分に合うワイヤレスイヤホンの選び方や種類、メリットとデメリットについて紹介しました。

 

どのワイヤレスイヤホンを購入するかを迷っている人は、自分が何を優先したいかを決めておくとスムーズにワイヤレスイヤホンを選ぶことができます。

 

また、ワイヤレスイヤホンには種類やメリット・デメリットがそれぞれあります。

 

ワイヤレスイヤホンは、どんな種類でどのような機能かを知ることで、自分に合うワイヤレスイヤホンを見つけることができます。

 

3COINS(スリコ)で販売されているワイヤレスイヤホンを使ってみた感想の記事はこちらから↓

3COINS(スリコ)のワイヤレスイヤホンを使ってみた!税込1.650円の最強コスパイヤホン!

(Visited 319 times, 1 visits today)
広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です