栄養ドリンク,
生活情報

注意!栄養ドリンクの飲み過ぎると体に出る影響とは?正しい選び方や飲み方を紹介!

広告
スポンサーリンク

栄養ドリンクは、忙しい時や頑張りたい時に簡単に疲労回復ができる飲み物です。  

 

ですが頑張りたいからと言って、栄養ドリンクをついつい飲み過ぎていませんか?  

 

実は栄養ドリンクを飲み過ぎると体に影響が出て、逆に体調不良になってしまう人もいるんです。  

 

この記事では、

・栄養ドリンクとは

・栄養ドリンクを飲み過ぎると体に出る影響

・栄養ドリンクの正しい選び方や飲み方

を紹介します。  

 

ついつい頑張り過ぎて栄養ドリンクに頼ってしまう人に、ぜひ読んでもらいたい記事になっています。  

栄養ドリンクとは

栄養ドリンク,とは,

 

栄養ドリンクは栄養補給を目的に作られている医薬品または医薬部外品の飲み物です。  

 

各種ビタミン・アミノ酸・カフェイン・滋養強壮・漢方由来の成分などが含まれており、 疲労回復や健康維持の効果があると期待されています。  

 

容量は100ml前後が多く、手軽に飲める小さな瓶に入って数百円から数千円という金額で販売されています。  

 

コンビニなどで手軽に購入することができるので、仕事や勉強のお供として栄養ドリンクを飲む人が多いです。  

栄養ドリンクを飲み過ぎると体に出る影響

栄養ドリンク,体,

栄養ドリンクは簡単に栄養補給でき、疲労回復などの効果を得ることができる飲み物です。  

 

簡単に飲め、手軽に購入できることから、日常生活で頻繁に栄養ドリンクを飲んでいる人もいると思います。  

 

ですが栄養ドリンクをはたくさん飲み過ぎてしまうと、体のために飲んでいるのに、 逆に副作用が出て体に影響を与えてしまうんです。  

 

栄養ドリンクには危険性もあるということもしっかりと知っておきましょう。  

 

栄養の過剰摂取

 

栄養ドリンクを飲み過ぎることで、たくさんの栄養を過剰摂取してしまい、 副作用の症状が出ることもあります。  

 

よく栄養ドリンクの代表成分とされている「タウリン」も過剰摂取は避けなければならない栄養とされています。  

 

タウリンは肝臓の代謝を良くしてくれる効果がありますが、過剰摂取すると胃や肝臓にの負担になってしまうんです。  

 

さらにビタミンAやビタミンD、ビタミンEにビタミンKの「脂溶性ビタミン」も過剰摂取すると副作用が起きるリスクがあります。  

 

副作用の症状としては、頭痛や肝機能障害、睡眠障害に腎臓障害が起きてしまう可能性が。  

 

栄養ドリンクには「1日1本」などの用量が記載されています。  

 

これは栄養の過剰摂取によって、副作用を起こさないようにという措置です。  

 

中には副作用を起こさない人もいますが、栄養の過剰摂取には注意する必要があります。  

 

カフェインの危険性

 

  栄養ドリンクには、カフェインが含まれています。

 

カフェインといえば、神経を興奮させる作用があるため眠気覚ましに効果的と言われています。  

 

普段飲むコーヒーや紅茶、緑茶にも含まれている成分ですが、普通に飲んでいれば、カフェインの危険性を起こすことはありません。  

 

ですがカフェインを大量に摂取してしまうと中毒症状を引き起こしてしまうおそれがあります。  

 

栄養ドリンクをたくさん飲み過ぎるということは、カフェインも同時に過剰摂取してしまうので注意が必要です。  

 

栄養ドリンクの副作用

 

栄養ドリンクは疲れを解消してくれたり元気にしてくれる飲み物ですが、中には強い副作用があるものもあります。  

 

そこで一般的な栄養ドリンクの副作用について紹介します。  

 

吐き気

吐き気の副作用はカフェインなどの刺激物によって表れます。  

 

カフェインは胃を刺激するので胃酸を分泌させるため、必要以上に吐き気を誘発させます。  

 

そのため空腹時や胃腸の調子が悪い時には注意が必要です。  

 

下痢

 

栄養ドリンクの副作用で一番多い症状が下痢です。  

 

覚醒作用のあるカフェインや肝機能を上げるタウリンが多く含まれているため、 体が刺激されて消化器官に悪影響を与えてしまいます。  

 

そのため消化機能が低下してしまい下痢の症状が出てしまいます。  

 

お腹をよく壊してしまう人がよくなる副作用になります。  

 

イライラが落ち着かない

 

栄養ドリンクを過剰摂取している人が、急に飲むのをやめてしまうとイライラが落ち着ないということがあります。  

 

この原因はカフェインと糖分によるもので、急に飲まなくなると禁断症状のようなイライラが出てしまいます。  

 

血糖値の急激が上昇や低下があると精神が不安定になるため、イライラが落ち着かなくなります。  

 

以上が栄養ドリンクを飲み過ぎると体に現れる副作用の症状です。  

 

やはり飲み過ぎは体に良くないことがわかります。  

 

では栄養ドリンクを正しく飲むには、どのような栄養ドリンクを選んでどのような飲み方をすればいいのでしょうか?  

 

次の項目で説明していきます。  

栄養ドリンクの正しい選び方や飲み方

栄養ドリンク,飲み方,

 

栄養ドリンクを正しく飲むためには、栄養ドリンクの選び方が大切です。  

 

栄養ドリンクはそれぞれの栄養成分違い、改善される症状も違います。  

 

なので、栄養ドリンクを正しく飲むには正しい栄養ドリンクの選び方をする必要があります。  

 

疲労回復をしたい時

 

 疲労を回復するにはタウリンとビタミンB群やアルギニンが含まれているのがいいでしょう。  

 

そして仕事や勉強を頑張りたいという時は、カフェインが含まれている栄養ドリンクを選んでください。  

 

疲労回復におすすめの栄養ドリンクはこちら↓

覚醒作用があるので、仕事や勉強で集中力を上げたい時に効果があります。  

 

風邪の症状がある時

 

風邪によって食欲がなく、体力が落ちてしまった時は生薬が配合されているものを選びましょう。  

 

特に風邪の場合は人参やジオウ(地黄)などの生薬がおすすめ。  

 

またビタミンB群やビタミンCも風邪による疲労回復に効果が期待できます。

 

注意点としてはカフェインが含まれていると不眠を引き起こしてしまうので、 ノンカフェインの栄養ドリンクを選んでください。  

 

風邪気味に飲むのにおすすめの栄養ドリンクはこちら↓

寝る前に栄養ドリンクを飲みたい時

寝る前に栄養補給をしたいという人は、ノンカフェインの栄養ドリンクを選んでください。  

 

一般的な栄養ドリンクには、覚醒作用のあるカフェインが含まれているので、避けた方がいいでしょう。  

 

寝る前に飲むノンカフェインのおすすめの栄養ドリンクはこちら↓

栄養ドリンクの選び方を知ることができたら、次は栄養ドリンクの飲み方です。  

 

栄養ドリンクの飲み方はまず用量を必ず守ることです。  

 

そしてどのタイミングで飲めば栄養ドリンクの効果があるのか気になる人もいると思います。  

 

ですが栄養ドリンクの飲むタイミングは薬の様には決まっていません。  

 

なので正しい飲み方は、自分の体の状態と相談することです。  

 

例えば食後に飲めば、栄養の吸収が良くなるので体調に不満があるときの飲み方といえます。  

 

よく眠りたい時は、寝る前に栄養ドリンクを飲むらノンカフェインがいいでしょう。  

 

疲れている時は早めに栄養ドリンクを飲むのがおすすめで、自分の体の症状によって飲むタイミングを決めるのがいいでしょう。  

 

広告
スポンサーリンク

栄養ドリンクのまとめ

 

 今回は栄養ドリンクについて紹介しました。  

 

栄養ドリンクをたくさん飲み過ぎてしまうと、体に副作用が出てしまいます。  

 

栄養ドリンクの効果をしっかりと得たいという人は、飲み過ぎることはせずに用量を守って飲むようにしてください。  

 

そして自分の体の状態や症状に合った栄養ドリンクを飲みましょう。  

 

何事もやり過ぎはよくありません。  

 

なので栄養ドリンクは飲み過ぎることはせず、正しく飲むようにしましょう。

(Visited 898 times, 1 visits today)
広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です