FP,アイキャッチ,
勉強,  生活情報

FPの資格とは?FP3級を取得したいから調べてみた!何に役立ちメリットはあるのか?

広告
スポンサーリンク

ファイナンシャルプランナー(以下FP)の3級の資格を取得して、いずれは2級取得を目指している私。

 

中には私と一緒でFP3級、さらにFP2級を目指している人もいると思います。

 

ですがそもそもFPの資格ってどんな資格で、何に役立ってどのようなメリットがあるのか全然知らないなんて人もいるのではないでしょうか?

 

この記事では、
・FPの資格とは
・FPのメリット~何に役立つのか~
・FP3級を目指すおすすめの人
・FP3級の試験内容
について解説しています。

 

FPの資格合格を目指していたりFPの資格取得を悩んでいる人は、是非この記事を最後までご覧ください。

 

FPのことについて知って、私と一緒にFPの資格取得の勉強を始めましょう。

 

FPの資格とは

 

FP,資格,

 

ファイナンシャルプランナー(以下FP)の資格があることは知っていても、一体なんの資格なのかよく知らない人もいるのではないでしょうか?

 

中には「FPの資格はお金の勉強でしょ?」などのイメージを持っている人もいると思います。

 

確かにFPはお金に関する資格で、暮らしやお金の悩みの相談を解決するための資格になります。

 

例えば、「○○歳までにマイホームを建てたい」「老後の資金はどのくらい必要?」「貯蓄や投資はどのようにすればいいの?」など日々の暮らしの中のお金の悩みを解決するのがFPです。

 

金銭的な視点で人のライフプランに沿ってアドバイスをするのがFPで、簡単に言うと「お金の専門家」になります。

 

FPのメリット~何に役立つのか~

 

FP,メリット,

 

FPはお金の悩みを解決するお金の専門家の資格になります。

 

ではFPの資格を取得するとどのようなメリットがあり、何の役に立つのでしょうか?

 

FPの資格の勉強では、税金や保険などの身近なお金の問題に関する知識を学ぶことができます。

 

なので単なる資格の勉強だけではなく、自分の家計設計や管理にも活かすことができるので自分のお金の管理や節約に役に立ちます。

 

FPで得る知識は、身近なお金のことなのにも関らず学校では教えてくれません。

 

なのでFPを勉強すれば、お金管理の知識が得られるので人生を大きく変えることもできます。

 

他にもFPの知識があれば、急なお金の問題の時など起きてもお金の知識があるので慌てずに済みます。

 

例えば、FPは資産運用の勉強もするので、家を購入や借りたい時などの資金を見通すことができるので、業者に金額を釣り上げられたりしても、知識を活かせばお金を多く出さなくても済みます。

 

お金の損やトラブルも防止することができます。

 

お金は身近で生活する上で欠かせないものなので、お金の知識があっても損はないということです。

 

FPはお金の管理に役立つことがわかりました。

 

ではFPの資格を取得を目指すにはどんな人が向いているのでしょうか?

 

次の項目で解説します。

 

FP3級を目指すおすすめの人

 

FP,人,

 

FP3級は、年齢や学歴を問わずに誰でも受験することができて、受験としてはハードルが低く、気軽に勉強をすることができます。

 

またFP3級は数多くの人が取得しています。

 

ではFP3級の取得を目指すのにおすすめの人は、どんな人が向いているのでしょうか?

 

FP3級におすすめの人① 「金融業界や保険業界に勤めている人」

 

金融業界や保険業界の仕事は、FPで学ぶ知識が仕事に直結しています。

 

なので金融業界や保険業界に勤めている人が、FPの資格の取得を目指す人が多いです。

 

会社によっては、FPの資格が義務付けられているところもあるので、事前にFPの資格を取得しておくといいでしょう。

 

金融業界や保険業界の仕事をしたい人にとっては、FPの資格の取得は必須になります。

 

FP3級におすすめの人② 「学生や就職活動中の人」

 

学生や就職活動をしている人は、勉強する環境に恵まれています。

 

そのため学生期間中にFPの資格を取得する人が増えてきています。

 

金融業界や保険業界を目指す学生も多いため、就活で活かすためにFPの資格の取得を目指す人が多いです。

 

FP3級におすすめの人③ 「主婦」

 

女性は出産や育児で一時仕事を辞めてしまう人もいます。

 

なので再就職のためにFPの資格を取得して役立てている人もいるようです。

 

再就職はもちろんのこと、家計のために勉強する人もいます。

 

FP3級におすすめの人④ 「公務員」

 

公務員は安定した収入を得ることができるため、資産運用をするためにFPの資格を取得する人もいます。

 

公務員は一般的に社会的信用が高いため、住宅ローンなどが通やすいため、FPで勉強する住宅ローンについての知識が役に立ちます。

 

FP3級におすすめの人⑤ 「お金の管理をしたい人」

 

お金の管理を上手くしたい人は、FPの資格を取得している人がいます。

 

私もその一人で、お金の管理を上手くやりくりして、将来のために勉強をしたくて勉強を始めました。

 

とにかくお金の管理や将来のためにFPの勉強をしている人が多いです。

 

以上がFP3級におすすめの人になります。

 

もちろんFP2級を取得するためにFP3級を勉強している人もいると思います。

 

お金に関する仕事に就きたい人や、お金の管理を将来のためにしたい人が、FP3級におすすめの人になります。

 

FP3級の試験内容とは

 

FP,試験,

ではFP3級の試験内容についてみていきましょう。

 

FP3級の受験をするには、一般社団法人金融財政事情研究会(きんざい)とNPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)のどちらで受験をするか選ぶ必要があります。

 

一体きんざいと日本FP協会のどちらを受験すればいいのか迷ってしまうと思います。

 

まずはきんざいと日本FP協会の違いについて解説します。

 

きんざいと日本FP協会の違い

 

FP3級の試験では学科試験と実技試験があります。

 

学科試験はきんざいと日本FP協会で共通の同じ問題が出題されます。

 

ですが実技試験では、きんざいと日本FP協会は共通ではなく違いがあるんです。

 

FP,表,

 

このように問題数と記述方式が違います。

 

難易度やレベルはどちらも同じようになっています。

 

なので自分に合った方で受験しましょう。

 

1問にじっくりと時間をかけて解きたいという人はきんざいがおすすめ。

 

サクサクとたくさんの問題を解きたいという人は日本FP協会がおすすめ。

 

点数配分違うので、1問ミスしても致命的になりたくないなどを重視して選ぶのもいいでしょう。

 

またきんざいと日本FP協会では実技試験は別の内容となっているので、どちらの内容がいいのかでも選ぶといいでしょう。

 

この実技試験の違いについては、次に解説します。

 

きんざいと日本FP協会をどちらを選ぶのが正しいというのはないので、自分に合う方で受験をしましょう。

 

FP3級の試験内容

 

先ほども言ったようにFP3級の試験には、学科試験と実技試験があります。

 

では、それぞれの試験内容を見ていきましょう。

 

FP3級学科試験

 

FP3級学科試験では、きんざいと日本FP協会で共通の内容になっています。

 

次のような多岐にわたる内容から出題されています。

 

・ライフプランニングと資金計画(年金や社会保険など)
・リスク管理(生命保険などでどう備えるか)
・金融資産運用(上手く投資するための方法)
・タックスプランニング(所得税や住民税など)
・不動産(不動産取引など)
・相続・事業承継

 

 

FP3級の実技試験はきんざいと日本FP協会で、それぞれ別の内容となっています。

 

《きんざい》

 

きんざいの実技試験では、「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」のどちらか1つを選択します。

 

不動産や金融資産などの個人的なライフプランに関すること、生命保険などの保険全般に関することが問われます。

 

《日本FP協会》

 

日本FP協会では、資産設計提案業務が出題されます。

 

ファイナンシャル・プランニングのプロセスや顧客の状況分析と評価が問われます。

 

実技試験の内容は、なかなかイメージできませんよね。

 

そんな時はそれぞれの公式ホームページから無料でダウンロードすることができので、チェックしてくださいね。

 

気になるFP3級の合格率ですが、70~80%となっているようです。

 

きちんと勉強することができれば、合格する確率が高い資格になります。

 

広告
スポンサーリンク

FP3級の資格のまとめ

 

今回は私が勉強して資格を取得しようとしているFP3級について紹介しました。

 

FPはお金に関する勉強をするので、今後の生活に大きく役立ちます。

 

私も将来のお金のために勉強を始めました。

 

合格率は高い資格となっていますが、しっかりと勉強をしましょう。

 

もしFP3級の資格を取得をしたい人や考えている人は、私と一緒に頑張りましょう。

 

FPの資格の勉強を独学でするのならば、こちらのテキストがおすすめ!私も使っています↓



(Visited 129 times, 1 visits today)
広告
スポンサーリンク

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です